当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com】はこちらから
埼玉県川越市の行政書士鈴木法務事務所について

行政書士鈴木法務事務所では相続相談・相続手続き代行・遺産分割協議書の作成・遺言書作成等の相談業務などを専門に行っております。
049-293-1091(10:00~19:00  ※土日祝日も受付は可)
お気軽にお問い合わせください

ご相談の詳細はこちらからどうぞ

フリマアプリで小物処分の終活~中高年層の利用者数も増加傾向

埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog 終活

私は仕事柄、ひとり暮らしの親が亡くなった後、その家を相続した方から『とにかく遺品が多すぎて困り果てている』と嘆いている現場をよく目にします。

確かに、高齢者の方というのは良くも悪くもモノを大事にする傾向がありますので、とにかく大小様々な遺品が大量に残される、ということが多いですね。

ただ、もしかすると今後は遺品整理で困り果てる、といったことが減少してくるかもしれません。

現在、60代の半数がスマートフォンを利用しているといわれています。

そして、いわゆる『フリマアプリ』といったものを利用した『小物処分の終活』を始めている方も増加傾向にあるそうです。

フリマアプリで終活?どう活用しているのか

そもそも『フリマアプリ』というのは、個人間で直接売買を行うためのアプリです。代表的なものとしてはメルカリや、楽天が運営しているラクマなどがあります。

ネットオークションといったものは以前からありましたが、このフリマアプリは自分で値段をつけて売り出せるうえに、スマホだけで出品などを手軽に行うことができます。

こうしたアプリの利用者は、やはりスマートフォンの利用率が高い若年層が中心ですが、年々中高年層の利用者数も増加しているそうです。

その背景にはどういった意識の変化があるのでしょうか。

中高年層でもスマートフォンの利用者が増加してきている

現在は60代の半数がスマートフォンを利用している、ということは前述しましたが、これは年々増加していくことになるでしょう。

そうした時代の変化とともに、終活の一環としてフリマアプリを利用し、モノを少なくしていきたいという方も増えていくのは必然的な流れです。

将来、遺品として不用品で捨てられてしまうよりも、必要なものとして大事に使ってもらえる人がいるのであれば、それに越したことはありませんからね。

年金生活者にとってはいいお小遣いにもなる?

スマートフォンの普及に加えて、フリマアプリの利用というのは『いいお小遣い稼ぎ』にもなるという側面もあるでしょう。

それほど大きな額になることは少ないと思いますが、年金生活者のシニア層にとっては、終活という意識とともに、少しでも家計のプラスになるのはメリットが大きいと考えられます。

将来の相続に備えながらも、ちょっとしたお小遣いになるのは『一石二鳥』ともいえますね。

意外なものが結構なお値段で売れるかも?

フリマアプリの出品物を閲覧してみると、『こんなものでも売れるの?』と驚く方が多いかもしれません。

実際、私の周りでも利用している方は多いのですが、中には出品した途端にすぐ売れた、といった話もよく耳にします。

みなさんのお宅に眠っている品々も、もしかすると意外なお宝になるかもしれませんね。

【追記】2019年1月4日

私もちょっと社会勉強のため(笑)、試しにメルカリに登録して不要なものを出品してみました。

すると、出品してすぐいきなり売れてしまいました!

今後も自分自身の終活、不用品の整理で積極的に使っていきたいと思います(笑)。

終活
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、これまで多数の実績がある。
事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください
シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog