当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com】はこちらから

ひっそりと禁煙?してます~30年来の喫煙者がmybluで卒煙を目指す!

埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog コラム・雑記

元号が『令和』に改まったということで何かやってみようかと思い立ち、先の10連休前から30年以上の悪癖となっていたタバコの禁煙にひっそり取り組んでおります。

ただ、今のところ厳密には『禁煙』ではなくニコチン0、タール0のいわゆる『電子タバコ』なるものに切り替えたという段階です。

この電子タバコなるもの、以前にも試して失敗したことがあったので『ダメ元』だったのですが、これが意外と効果ありでびっくりしましたね。

今の電子タバコ(の中身)がかなり進化しているというか、ゴリゴリの喫煙者でもそれなりに疑似的な『吸いごたえ』を得ることができるようになってきていると思います。

ただし、私もすんなり電子タバコに馴染んだわけではありません。さすがに30年以上も喫煙歴があると、ちょっとやそっとの疑似的製品ではまったくダメでしたね。

そこで先の連休中に少し時間をつくり、市販のできるだけ安価な電子タバコをカスタマイズして何とかならないものかとネットなどでちょっと調べてみたら、まあ簡単に色々出てきました(笑)。

なお、あくまでも個人的な感想や感覚であり、誰でも禁煙に成功できることを保証するものではありません。念のため。

禁煙秘密兵器の中核となったのは電子タバコ『myblu』

私が目を付けたのは、昨年あたりから発売されていたらしい『myblu』という電子タバコです。これは結構評判がいいらしいですね。

本体価格も安いうえに大手タバコメーカーが発売しているという点や、フレーバーポッドの交換も楽々でメンテナンスもほとんどいらないというのが最大の魅力です。

Amazonなどで簡単に購入できます。さらに通販より多少値段が高いようですが、最近では本体やリキッドポッドが一部コンビニでも販売されているようです。

ただしスターターキットに付属のメンソールポッドは非常に残念な味

しかし、このmybluのスターターキットに付属してくるメンソールフレーバーは、非常に残念というかはっきり言ってマズいです。

どう表現するのが適切なのか分かりませんが、何というかミントガムを長時間噛んだ後の味というのか、とにかくメンソール感が薄すぎるんですよね。

何でスターターキットの付属としてこれをチョイスしちゃったのか、とにかく残念としか言いようがないです。

一応、日本人はメンソール系の味を好む傾向があるといったマーケティング結果も加味しているらしいのですが、それにしてもこれはマズい。

特にメンソール系のタバコを吸っていた方は、まず間違いなくガッカリすることになるでしょう。

なので一応お試しで使いつつ、すぐに別のフレーバーポッドを買い求めることをお勧めします。

これ、本体のサイズ感とかデザインはバッチリなので、最初から違うフレーバーを付属してたらもっと売れると思います。たぶん。

もっとも電子タバコというのは表向き、そもそも『禁煙目的』を前提とした商品ではない、という理由からなんでしょうかね。

お勧めはまず『ストロングメンソール』フレーバー?

最初に付属していたフレーバーが非常に残念だったので、次に私が試したのが『ストロングメンソール』フレーバーです。

タバコを吸っていた方はつい『タバコ味』に近いものを選んでしまいがちですが、疑似的な『吸った感』をより得たいのであれば、少し強めのメンソール系の方がよいです。

疑似的なタバコの刺激感を得たいのであれば、やっぱりメンソール系が一番合っているのではと思います。

そもそも、タバコやめるのにリアルなタバコ味を求めるのもおかしな話ですし、いつまでもタバコ風味を楽しんでいるようではまったく意味がないです(笑)。

いつかはmybluも卒業してこそ本当の『禁煙』ですからね。

ちなみに、mybluには一応『タバコフレーバー』というポッドもあり一度試してみたのですが、こちらもちょっと残念なお味でした(あくまで個人的な感想です)。

『吸った感』が一番あったのは、やはり『ストロングメンソール』でしたね。

mybluはお手軽でもランニングコストが非常に高い?

myblu本体そのものは安価で手軽に入手できるのですが、問題はランニングコストです。

健康とコストを天秤にかけるのは不適切なのかもしれませんが、mybluのポッド単体は2個入りで税込み920円と少しお高め。

一応、製品説明ではフレーバーポッド1個で300回の吸引が可能ということになっていますので、通常の紙巻きタバコに換算すると2箱半くらいになるらしいです(あくまで理論値)。

が、禁煙を始めた当初というのはどうしてもmybluへ頻繁に手が伸びてしまいます。

このあたりは個人差があるかと思いますが、おそらく数日間は常にくわえているような状況になるでしょうか。私は最初そんな状況でした。

結果、一日で2ポッドを消費してしまったこともありましたね(泣)。さすがに一日で920円のランニングコストは高すぎるので次なる対策を練ることに。

ランニングコストを極限まで下げるべくGoogle先生に聞いてみる

そこでさらに、ランニングコストをできる限り下げる方法を模索すべくGoogle先生で検索。

あっさりと発見できたのが、まず詰め替え用のmybluリキッドポッドの存在です。これはリキッドもちゃんと付属しているのでとてもお得。

ということで早速お買い上げ。

付属のメンソールリキッドは、程よい強さがあってmyblu純正のストロングメンソールよりも吸いごたえがあってよかったですね。

実はmyblu純正のリキッドポッドでも詰め替えは可能?

そして詰め替えポッドを買うよりもさらにコストを抑える方法もありました。

mybluの純正ポッドは使い捨て前提に作られているのですが、実はリキッドの詰め替えが可能という動画を発見。

たぶん、良い子はマネしちゃダメなやつかもしれませんけど。

【電子タバコ】使い捨ての『myblu (マイブルー)』をコンビニで買い換えずリキッドを再補充する方法!! ~VAPE /やり方~

ちょっとした工具(小型のマイナスドライバーくらいですが)が必要で最初は少し面倒ですが、慣れてくれば作業自体は1分もかかりません。

ちなみに私は詰め替え用のポッドも購入して使っていますが、今はこの再補充をメインに実践中です。この方法だとかなり安上がりですからね。

リキッドは好みのものを安く購入できます。私が使っているのはふと見つけたお徳用の大容量ストロングメンソールリキッドです。

これはコスパ抜群で非常に助かってます。

私はメンソール系のタバコを吸っていたわけではないのではっきりとは言えませんが、もしかすると3mg程度のメンソールタバコを吸った感は出る?かもしれません。

いずれにしても特にメンソール系のタバコを吸っていたという方は、これで結構満足感はあるのではないでしょうか。

禁煙から卒煙へステップできる日は近いかも?

何しろ30年以上の喫煙歴がある身で、禁煙どころか電子タバコへの移行も不安だったのですが、意外とあっさりできましたね。

禁断症状みたいなものも一切なく、今は電子タバコでも結構な満足感を得られている状況です(まだ始めて1か月も経ってないのでこれからでしょうけど)。

さらに、当初よりも電子タバコに手が伸びる頻度が確実に減ってきました。

いきなり禁煙というのは大変かも、という方は電子タバコへの移行から入ってみるのもひとつのよい方法かもしれません。

最近のものは結構よくできているというか、ゴリゴリの喫煙者でも意外とあっさり切り替えられるのではないでしょうかね。あくまでも個人的な実感ですが。

私も多いときには一日2箱くらい吸っていたような、ゴリゴリのチェーンスモーカーでしたし。

今は電子タバコ愛用なので厳密にはまだ『禁煙』ではありませんけど、いずれは完全な『卒煙』を目指したいですね。

禁煙は健康にもお財布にも、周りの人々にもやさしいですから。

コラム・雑記
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属・同支部理事。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組み、これまで多数の実績がある。
事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください
シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog
タイトルとURLをコピーしました