当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com】はこちらから

相続や遺言書に詳しいのはどの専門家?~行政書士に相談するケースは?

埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog 行政書士

相続や遺言書といったことについて相談する先は様々あります。

いわゆる士業という枠だけで考えても、弁護士や司法書士、税理士や行政書士といったところが主なところでしょうか。

それぞれ様々な形で相談対応のアピールを行っていますね。

ということで、いったいどの人に何を相談していいのかわからない、という方も少なからずいることでしょう。

私自身は行政書士なので、ぜひ行政書士を活用してもらいたいとは思っています。

ただ、実は適切な相談先というのは問題や内容によっても異なりますし、同じ士業であっても専門分野が異なるといったことも多いのです。

スポンサーリンク

一般的な相続手続きや遺言書作成といった相談は行政書士が適任か

まず、一般的な相続手続きであったり遺言書の作成といったことについては、私は個人的に行政書士が適任だと考えています。

私自身が行政書士だからというわけではなく、客観的にみて行政書士の業務内容が総合的に最もバランスがとれていると考えられるからです。

ただし、行政書士の業務範囲というのはとても広範で、事務所によって得意な専門分野があることがほとんどです。

ですから、まずは相続や遺言書といった分野に詳しい行政書士であるかどうか、という点が相談する際の前提条件になってきます。

今は行政書士事務所の多くにホームページがありますので、相続や遺言書といった分野に力を入れているところにまずは相談してみましょう。

経験や実績が豊富であるかは実際に相談してみないとわからない

もっとも、ホームページなどでは取扱い業務としていても、本当に知識や実績が豊富であるとは限りません。

ホームページの文言は他人が作成しているかもしれませんし、需要が高いので一応取扱い業務に入れている、というケースも少なくないためです。

この点については実際に会って相談することで判断するしかないのですが、知識や実績が十分にあるかどうかは、会って話せば一般の方でもある程度はわかるものです。

また、専門家といえども人間同士の付き合いですから、相性といった要素も重要でしょう。こうした点はやはり実際に会って相談してみないとわかりません。

手前みそになってしまって恐縮ではありますが、当事務所は相続や遺言書といった分野に特化した専門の事務所です。ぜひお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

ケースによって相談できる専門家は限定されることもある

これは最も典型的なケースではありますが、すでに相続人間などでトラブルや争いが生じているようなときは、最初から迷わず弁護士に相談しましょう。

なぜなら、すでに相続トラブルや争いが生じているケースに対応できる専門家は、基本的に弁護士のみだからです。

弁護士以外の士業はそうした案件の相談に応じることはできませんし、もちろん業務を受任することもできません。この場合の相談先は弁護士一択です。

これも行政書士事務所を選ぶのと同様、相続問題に強い事務所であるかどうかや相性といった点が重要となりますので、まずは相談してからよく検討するのがよいでしょう。

税理士だからといって相続税対策などに詳しいとは限らない

また、相続税申告などの税務に関することは税理士のみが行うことができる業務ですが、ここでも注意しなければいけない点があります。

そもそも、相続税を納めなければならない相続というのは全体平均で10%未満です。つまり、実は相続税が生じる相続は『レアケース』といえるのです。

ですから、税理士だからといって相続税や相続税対策に精通している、経験豊富とは限りません。

相続税を納めるケース自体が少数派なのですから、税理士であっても相続税申告業務そのものを行ったことがない、といった方も少なくないのです。

もっと言えば、相続税申告では不動産の評価というのが非常に重要となりますが、税理士は税金の専門家であっても不動産評価の専門家ではありません。

不動産評価の専門家は『不動産鑑定士』です。

相続税を納めなければならない相続自体が少数派である以上、やはりここでも知識や経験といったものが重要となってくるでしょう。

スポンサーリンク

自分で判断が難しければとりあえず行政書士に聞いてみる

もし『自分の場合はどうなのかな』などと判断に迷うようであれば、とりあえず行政書士に問い合わせてみましょう。

行政書士が対応可能であれば相談もできますし、もし他の専門家にお任せした方が適切なものであれば、提携している各専門家をご紹介することも可能です。

相続や遺言書といった業務が得意な行政書士事務所は、様々な専門家とのパイプをもっていることがほとんどです。

判断に迷ったら、行政書士に問い合わせてみることをお勧めします。

なお繰り返すようですが、これは何も私が行政書士だからということでお勧めしているわけではありません。

他士業の業務内容を理解している行政書士だからこその客観的な意見です。念のため。

スポンサーリンク
行政書士
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組む。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客への対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きの専門家として大きな実績と信頼を得ている。

よろしければフォローしてください
シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog