当事務所の相続・遺言書専門サイト【埼玉県川越市の相続と遺言書相談.com】はこちらから

いよいよ令和元年7月1日から改正相続法が本格スタートします!

埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog民法改正

2019年、令和となった今年の7月1日から、いよいよ改正相続法が本格的に施行されていきます。

約40年ぶりに改正された今回の相続法では、『配偶者保護』という観点に大きく重点が置かれているのが特徴です。

これは近年の少子高齢化、核家族化といった社会情勢の変化に対応したものともいえます。

そして今後の相続を考えるにあたっても、非常に重要となっていきます。

改めて主要な改正点をしっかりおさえておきましょう。

スポンサーリンク

令和元年7月1日から施行される主なものは?

令和元年7月1日から施行される重要な改正点は、主に以下の通りです。

被相続人名義の預貯金仮払い制度創設

被相続人名義の預貯金口座は、被相続人が亡くなると口座凍結となります。そうなると、相続人単独では預貯金を引き出すことができません。

つまり相続人間での遺産分割が決定するまでは、預貯金の払い戻し手続きが一切行えないのです。

これでは相続人に取り急ぎの資金需要(葬儀費用やその他債務の弁済など)がある場合などにおいて、相当な負担がかかってしまう場合があります。

そこで、自身が被相続人の相続人であること、また法定相続分の割合を示したうえで、預貯金債権のうち口座ごとに一定額まで相続人が単独で引き出すことができるようになります。

配偶者への居住用不動産の生前贈与分は遺産分割の対象外

居住用不動産の配偶者への生前贈与については、婚姻期間20年以上の夫婦に限り、贈与税の基礎控除額と合算して2,110万円まで非課税という制度があります(おしどり贈与)。

しかし生前贈与を行った配偶者が亡くなって相続が生じると、この生前贈与分についても遺産分割の対象として考慮され、結果として配偶者が十分な遺産を相続できない問題も生じていました。

そこで、婚姻期間20年以上の夫婦間が居住用不動産の生前贈与を行った場合については、遺産分割においてその分を考慮する必要がないことが明記されます。

相続人以外の親族でも遺産から対価を請求できる~特別寄与者と特別寄与料

現行法上においても『寄与分』という制度があります。

この寄与分というのは、被相続人の療養看護に献身的につとめたり、財産の維持や増加に貢献したといった相続人が主張できる上乗せ分のことです。

しかし、この寄与分を主張できるのは、あくまでも相続人に限られています。

例えば、被相続人と同居して介護を献身的に行っていた長男の嫁といった親族は、どれだけ介護や財産の維持、増加などに貢献したとしても直接の恩恵を受けることができません。

そこで、被相続人の介護を献身的に行っていたり、財産の維持や増加に貢献した相続人以外の親族についても『特別寄与分』として『特別寄与料』を請求できる権利が創設されました。

問題が多かった遺留分制度に関する法改正

遺言書や相続において問題になりやすい遺留分制度についても、制度の大きな見直しが図られています。

こちらの詳細については、以下の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

まずは制度を知ったうえで活用方法を検討してみましょう

今回の改正では、これまでの相続法にはなかった概念や制度もありますので、正直なところ『始まってみないと分からない』といったところは多々あるのが実情です。

ただ、こうした制度の内容をよく知らなかったばかりに、大きな不利益を被ってしまう可能性も十分に考えられます。

もしかすると自分も該当するのではないか、といったような疑問点などがあれば相続や遺言書に詳しい専門家に相談してみることをお勧めします。

なお、改正相続法が適用されるのは、施行日となる令和元年7月1日以降に生じた相続からとなります。つまり、令和元年7月1日以降に亡くなった方の相続から適用されるということです。

遺産分割協議や相続手続きが終わっていなくても、施行日以前に亡くなっている方の相続に関しては改正相続法は適用されません(改正前の相続法が適用される)ので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
民法改正
著者行政書士プロフィール

1971年埼玉県狭山市出身。平成18年1月、埼玉県川越市に行政書士鈴木法務事務所を開業。埼玉県行政書士会川越支部所属。
開業当初より遺言書作成・遺産相続手続きを中心とした分野を専門として取り組む。事務所を構える埼玉県川越市を中心とした地域密着型の業務で、きめ細かな顧客対応を実現し、遺言書作成・遺産相続手続きなどで権威性のある専門家として大きな信頼を得ている。

よろしければフォローしてください
シェアしていただくと嬉しいです!
よろしければフォローしてください
埼玉県川越市の相続と遺言書専門行政書士Blog